What is your dream?

こんにちは!

ご無沙汰しております。一ヶ月ぶりの更新になります。

ウガンダでは新学期が今日から始まりました。

学期始まりは、寮用のマットレスやホグワーツ感満載のカバンを抱えた生徒たちで賑わいます。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529184545j:plain

ハリーポッターファンの私は映画のような世界観を味わえるこの時期が好きであります。

さて!

学期始めということで野球部員を集めミーティングを行いました。

ミーティングではワークシートを利用して

1.将来の夢【長期目標】

2.今学期が終わるまでにどうなりたいか【短中期目標】

3.希望ポジション

についてそれぞれが考えました。

自分の考えや思いを書き出すことで頭の中を整理すること、また目標を設定することでモチベーションの維持につながることを期待しています。

今日は

その中で個人的に面白いな!個性的で良いな!こんな視点があるのか!と一種の感動を覚えた彼らのベストアンサーを紹介したいと思います。

まずこちら。将来の夢について。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529180831j:plain

プロ野球選手になりたい。

野球を始めた選手が一度は抱くであろう夢ですね。

その下注目。

【野球のコーチになること】

彼は野球を始めて8ヶ月の時点で、選手として大成することだけでなくコーチとして新たな野球選手を育成したいと言っています。なんでコーチになりたいのか?と聞くと「こんな面白いスポーツを知らないウガンダの子供がたくさんいる。そんな子供たちに野球の楽しさを伝えたいんだ」と答えました。

若干14歳のまだまだ自分が野球選手としてこれからという時に次世代の子供たちの事まで考えている彼。座布団10枚あげたいです。

そしてお次も将来の夢に関して。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529181435j:plain

【世界一の野球選手になる】

素晴らしいですね。この女子選手は現在2年生。1年生の頃の体育授業を私が担当していた時から非常に懐いていた生徒でいつも会う度にカピカピのトウモロコシを一粒くれます。

野球部創設当初のメンバーではなく、放課後の暇つぶしに練習を見に来ていたある日突然「わたしも野球がやりたい」と真っ直ぐな瞳

で訴えてきた女の子です。

その夢、応援します。

次に今学期の目標についてです。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529182049p:plain

めっちゃ書きますやん。

これも女子選手で、4月の試合を見た野球協会のメンバーが口を揃えて将来が楽しみだといってくれた選手です。野球のルールだけでなく、野球部のルール〔道具を投げない蹴らない等〕を知り守りたいという点に座布団3枚でした。

そして3つ目の項目、希望ポジションについて。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529182630p:plain

【1塁ベースコーチになりたい】

これは驚きました。日本ではなかなか自分から自発的に喜んでベースコーチに行きたいという声は中学生年代の球児から聞く事はありませんでした。しかしこの選手は、ベースコーチは大切な役目だという言葉をしっかり理解しチームのために貢献できるなら進んでやりたいと言っていました。座布団5枚ですね。

最後に。

プラスアルファで嬉しかったことがあります。私は常々、野球が上手くなることはもちろん素晴らしい事だが「ありがとう」が言えることはもっと大切だという話をしています。

日本でもウガンダでもそうですが

人から何かしてもらったとき、お世話になったとき、助けてもらったとき等、「ありがとう」の一言で一気にその場があったかくなる

気が私はします。

たとえば

ニュージーランドに滞在していた時、大好きな文化に出逢えました。

それは、バスに乗っている乗客全ての人が降り際に必ず「Thank you」と運転手に言ってから下車する文化です。

就学前のちっちゃい子供からご老人、街のギャングスターまで全ての人がです。

Thank you と言われた運転手はどこかホッコリするようないい表情をします。

上記のような「ありがとうの輪」が野球部から学校全体に広がって、それがkapchorwa県、そしてウガンダに、アフリカに、世界に…

広がっていけばこの世界はもっとあたたかくなるのでは。

そんなことを思ったミーティングになりました。[文責:Maegawa Tessei]

f:id:UgandaBaseball2nd:20170529184423p:plain