読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

交流戦、地区大会を通じて。

 

こんにちは!

 

キシキカレッジ野球部監督、小野です!

 

先週末の出来事になってしまいますが、

セベイカレッジとの交流戦と、ナムトゥンバ県大会を、キシキカレッジのフィールドで行いました!

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170427030858j:plain

 

セベイカレッジとは約3ヶ月半ぶりの試合。

前回のようにガチガチに緊張....などはなく、自分たちのプレーができたのではないかと思います。

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170427030945j:plain

写真は我らが先発、ワンビ投手。

2試合とも出場し、トータル7回135球。しっかりと投げてくれました!

 

県大会、という名目のキシキカレッジ対デスティニーセカンダリースクール。

一発勝負の決勝戦。

 

とはいえ、デスティニーは2月下旬に野球を始め、週1ペースでの練習のみ。

もちろん、試合は今回が初めてという状況。結果としては、キシキカレッジのコールド勝ちとなってしまいましたが、両校が野球を続けて行く足がかりにはなったのではないかと思います。

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170427031257j:plain

 

さて、選手達の目標は野球を通じた成長や、試合に向けたチーム力・個々人の能力の向上などがあるかと思います。

では監督の目標は

選手達の指導・育成はもちろんですが、学校や外部の人々とつながり、野球部を運営していくことも重要になります。

 

ウガンダでは野球はマイナースポーツ。

ましてやキシキカレッジでは知名度ゼロからのスタートでした。

 

自分たちが生徒と楽しみ、試合をコーディネートして、楽しかったね、頑張ったね。で終わるのもアリかもしれません。

 

が、

 

今回の生徒達の頑張り、そして自主的に練習をするようになった選手を見て、

「今後も野球を続けていってほしい」

という思いは一層強くなりました。

 

もちろんナムトゥンバに地区チームなんてありませんし、

隣県にもない。それほどに知名度は低い。

 

でも、近くの学校と試合までこぎつけました。

やる気のある選手達もいます。

 

あとは、それを支えてくれる地域、ともすれば学校のお力添えが欲しい。

 

まだまだキシキカレッジの先生を野球に引き込めてはいない。

「小野が指導しているから、野球部は機能している」

「放課後の時間をスポーツに使うなんてもったいない」

「生徒に威張れないのに(先生の面子が保てないのに)なぜやるのか」

 

多感な子供達とは違い、凝り固まった大人達を動かすのは難しい。

でも、少しずつでも、多少強引にでも、引き込みたい。

野球部を学校の一つの活動として成立させたい。

 

 

野球に熱心に打ち込む選手がいて、

技術も知識も足りない自分を助けてくれるヘッドコーチもいます。

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170427031354j:plain

 

監督として、もしくはマネージャーに近いのかもしれないが、

この野球部を指導し、継続して行く環境を作り上げる。

 

ナショナルの大会に向け、新たに出発したキシキカレッジ野球部

 

この間の試合は

選手だけでなく、監督である自分自身も気持ちを新たに挑戦していくための再出発点となったと思います。

 

セベイカレッジの選手達、前川監督、

ウガンダ野球連盟のコーチ陣

そして久住ヘッドコーチ、ありがとうございました!

 

キシキカレッジ、デスティニーの選手達、とりあえずお疲れ様!

 

そしてまた、選手と共に頑張っていきます!

 

KBC監督 小野

試合結果

f:id:UgandaBaseball2nd:20170423140857j:plain



昨日、ナムトゥンバ県にて開催されたウガンダ東部地区大会に行って参りました!!




試合会場までは車で約3時間。試合開始が10時なので9時到着を目指し、5時45分集合6時出発を前日ミーティングで約束。


そして迎えた当日6時‥
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423141510j:plain

誰もいない(笑)
This is Uganda.

気を取り直し直して寮内を駆け回りなんとか遠征メンバーを14人揃える。

既に
6時40分‥

急いで出発。今回のお供はご存知ハイエースを改良したSchoolミニバス
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423141811j:plain



出発前の選手達
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423141903j:plain
素敵な表情(^o^)



40分遅れて無事(?)出発!ナムトゥンバ県へ。




はじめての遠征にソワソワして1時間は元気たっぷり話が尽きなかった彼らもそれ以降はちょっとお疲れスリープモード(=_=)
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423142217j:plain

爆睡しているのは何故かシレッとバスに乗り込んだアスカリ(警備員)さん(笑)
This is Uganda.


そんなこんなで9時30分キシキカレッジ到着‼



早速、ウォーミングアップ開始。
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423142447j:plain

輪になって踊ろ〜皆で〜みたいな
キャプテン中心に全体アップをします。


10時になり
ウガンダ野球協会、キシキカレッジオノ監督によるオープニングセレモニー
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423142726j:plain
真ん中に見えますのは、兵庫ブルーサンダーズでプレーしていたワフラポール選手。



そしてプレイボール!!

先発はもちろんこの男
キャプテンShalom Flank.
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423143014j:plain


初めてのマウンドに困惑しながらもよく投げてくれました!!

試合は見るものをドキドキさせるシーソーゲーム。

初回一気に5点を失い絶望感に打ちひしがれるセベイナイン

しかし2回に逆転し勢いづくセベイナイン


去年の第一戦の真逆の展開に
野球って面白いなと改めて気づきます。



ウガンダ人審判がその都度やや難しいルールを説明しながらゲームを進めて行く展開で、非常に生徒にとっては勉強になる機会でした。
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423143552j:plain




そして気になる試合結果は‥
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423143637j:plain
ご覧の通り。



負けはしましたが、両チーム内野でアウトがたくさんとれたこと。実戦感覚、細かなルールを学習できたこと等、貴重な経験値を積むことが出来たと思います。



炎天下の中、よく頑張りました!
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423144022j:plain



試合後は合同練習へと移行。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170423144106j:plain

課題である走塁を学びました。



キシキカレッジ、セベイカレッジ、デスティニー三校の生徒が交流する、良い機会になりました。





異なる学校の生徒たちが「野球」というスポーツを通して交流し、人間的に成長する。


また、試合を通して相手への敬意や審判への尊敬、礼儀を学ぶ。スポーツの持つ、計り知れない教育的価値を肌で感じた日になりました。




オノ監督、久住コーチ
そしてウガンダ野球協会
関係者、応援に来てくれた方々
本当にありがとうございました!



Dear UGBASA members,

We really thank you guys for great supporting of baseball. It was really valuable and awesome day for us. Keep doing well!


【文責:Maegawa Tessei】
明日のヒーロー、本日誕生⚾
f:id:UgandaBaseball2nd:20170423145014j:plain

ウガンダ東部地区大会に向けて

f:id:UgandaBaseball2nd:20170421202054j:plain
ウガンダ二部野球応援団の皆様
ご無沙汰しております、ウガンダ二部野球リーグ広報部長の前川哲成です。






さて!


延期となっておりましたウガンダ東部地区大会がついに明日、キシキカレッジフィールドにて行われます。


2度のドタキャン(笑)と頑なに遠征許可を拒否する管理職との会議を経てついさきほど遠征許可を管理職から得られることができました。





管理職への営業は
大阪で2年半、某Y社で飛び込み営業をしていたときよりも辛い営業でしたが、その時の部長が言った「諦めなければ(顧客)リストの神様が微笑んでくれる」という言葉を胸に諦めずにトークしました。遠征の許可が降りた瞬間は新規顧客を獲得した時の、いやそれ以上の喜びで管理職の部屋でニヤついてしまいました。




親父(現室長)、ありがとうございます!





野球の試合の前に管理職との試合に勝たなければ試合に行くことすら許されない。本当に心身共に疲弊しきった2週間ではありましたが、支えてくれた人たち、子どもたちの頑張る姿に勇気づけられ何とかようやくスタートラインに立つことができました。


ありがとうございます!!!

そして、ご迷惑をおかけした皆様

本当に失礼いたしました。





先日、対戦相手のヘッドコーチが本トーナメントにおける注目選手を紹介してくれていたのでこちらも紹介をと思います。



〜明日の試合の注目選手〜

①Shalom Flank
f:id:UgandaBaseball2nd:20170421203616j:plain
セベイカレッジ野球部主将。

彼との出逢いは、去年の体育の授業。バスケ、バレー、サッカー何をやらせてもクラスでトップクラス。フェアプレー、ルールを守ることを大事にしている私の体育授業の趣旨をいち早く理解し行動に移していた人格者。
野球部で問題が起こった時や、マナーの悪い態度(グローブを投げたり、ボールを蹴る、挨拶をしない等)をとった生徒を私が怒る時も、「監督、落ち着いて。怒っても解決しない。しっかり話せばあいつは分かるんだ」などと私を諭してくる、そんなキャプテン。
将来の夢は、日本のプロ野球でプレーすること。全力でサポートします!



②Okello
f:id:UgandaBaseball2nd:20170421204528j:plain
セベイカレッジ二塁手

去年の伝統の一戦では、初めての試合にド緊張して全く動くことが出来なかったオケロ。その悔しさからか真面目に練習に取り組み、チーム1の捕球技術を身につけた。失敗してもいい、その失敗からどう立ち上がっていくか。それを見事に体現してくれた小さな巨人である。明日は普段通りの実力を出せることを祈っています。



③Kibet Albert
f:id:UgandaBaseball2nd:20170421204949j:plain
セベイカレッジ捕手、副主将

優しくて相手の事を考えることができる。そう、あなたはキャッチャーです。大雨でも、他の選手がモチベーションが低い時でも「先生、野球がしたいです。」が口癖のアルバート。好きこそものの上手なれ。言葉の通り、日に日にキャッチング技術を上げました。課題の、パスボール。明日は何個でしょうか。(笑)




以上、セベイカレッジ注目選手でした!!


最近、女子選手が増え全メンバー25人中10人が女子のセベイカレッジ野球部。今後が楽しみです。




明日は伝統の一戦!!


勝つことももちろん、互いのチームにとって有意義な一日そして怪我なく終えられることを祈って‥


              (文責:前川哲成)


明日のヒーロー、本日誕生⚾

お詫び

f:id:UgandaBaseball2nd:20170412131249j:plain


4月8日に予定されていました伝統の一戦は



学校の事情により4月22日に延期されました。




関係者の皆様、多大なるご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。






セベイカレッジテグレス 前川哲成

Masaka Baseball Culb

初めまして。

青年海外協力隊 平成28年度1次隊 小学校教育 山本直輝です。私の任地はウガンダの首都カンパラから南西に120kmの位置にあるマサカ県です。カンパラは北半球に位置し、マサカ県は南半球なので首都にあがる度に赤道を越えています。そのマサカ県の中心から徒歩で45分の所にある田舎の小学校に算数と体育の質の向上のために配属されています。

今回は私がUganda Baseball 2nd'sに寄稿させて頂きます。

1.Masaka Basaball Culbの紹介

 ウガンダの野球は少しづつ発展しつつありますが、ウガンダの南部はまだまだ野球は知られていません。私の学校にグローブが届いた時も『それは何??』と同僚や子供達の質問攻めに遭いました。

 私の学校では5年生から7年生の子供に声をかけ、野球チームを作りました。今現在約40名のメンバーがいますが、グローブは全員分無いので練習中に貸し合いながら練習を行っています。小学校の運動場もとても狭く斜面になっているため、練習のために山の上にあるサッカーグラウンドまで移動します。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170412043149j:plain

部員の一部です。

2.設立の経緯

 ウガンダの小学校は日本と大きく異なる点があります。学校にて人間形成を行う授業がありません。私が赴任するまで体育もありませんでした。もちろん道徳も無いわけで、国から体育をするように言われてはいますが「算数・英語・社会・理科・宗教」だけです。小学校の位置付けは小学校卒業前に行われる小学校卒業試験に合格する為の機関であって、日本でいう予備校みたいな場所です。そんなウガンダの小学校なので、体育を行えば自分さえボールを触れば良い、ルールを犯しても勝てば良い、授業中でも何かこそこそ食べる、やりたく無いと勝手にどこかに行く、挨拶もまともに出来ない、物が無く貧しいと言うのに物を雑に扱うといった状況です。

 私が体育を通して、人間形成を行っています。今月でウガンダに来て10ヶ月になります。少しずつではありますが、子供達に変化が見られてきています。そこで、より学校の雰囲気や人間形成を全体的に行えないかと思い、派遣先の学校に野球チームを設立することにしました。私自身も小学校から大学まで野球部に属していたので野球を通して育った人間です。

3.野球チームの指導方針

Masaka Baseball Culbの指導方針は『人間形成』です。

1.English Only

  私の赴任先は田舎にあるため、教育を十分に受けていない人が多く母国語の英語ですら通じない場合があります。私は現地語を使って買い物等をするのですが、子供達は小学校の授業は英語、中学校も授業は英語で行われます。しかし、英語が苦手な子供も多くいるので授業が理解出来ないという問題が発生しています。そのことから野球の練習中は英語しか話さないように指導しています。野球を通して英語力も伸ばしたいと思います。

2.思いやり

 ウガンダの子供は友達の失敗を笑います。その結果、失敗することを嫌い、新しいことに取り組もうとしません。子供の時から、挑戦する心を持たずにいるのは自分の可能性を狭めていることになります。私は野球中に前向きな言葉をどんどん使い、子供達が積極的に取り組める環境を作りたいと思います。その中で、頑張る友達に前向きな言葉をかけ、相手を認める姿を目指したいと思います。

3.挨拶と礼儀

 ウガンダの子供達は友達に何かをしてもらったり、教師に何かをしてもらった時に感謝の気持ちを示さない時があります。そこに対して、おかしさを感じるのは私だけで誰も何も言いません。ウガンダの文化がそうであったとしても、感謝されて嫌な人はいないと思います。また、大人になった時に先進国の人間と働くとなったら間違いなく必要な事です。また、挨拶を指導する事も無いので、挨拶をしない子供も多くいます。コミュニケーションを図ることが野球の技術向上に繋がることや挨拶には感謝の気持ちも含まれていることなども教えていきたいと思います。

4.活動の様子

f:id:UgandaBaseball2nd:20170412043538j:plain

野球を通して感謝の気持ちを育てます。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170412043754j:plain

 休み時間も練習をしている子供がいます。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170412043342j:plain

教えた事を忠実に頑張る子供。 

 

5.今後の目標

 野球メンバーが中心となって、学校全体に良い影響を与えたいと考えています。話をしっかりと聞く姿や挨拶を元気に行う姿、野球だけで無く勉強も中心となって行うようになっていけば、学校の雰囲気も変わってくると思います。今後、他校と試合をすることになっても野球に対する真摯な姿勢だけは負けないように指導していきます。

Kisiki College Baseball Club 注目選手紹介!

Kisiki college Baseball Club (KBC) ヘッドコーチによる、

今週末のKisiki-Sebei対抗戦がちょっと楽しみになる注目選手!紹介~

 

 

ピッチャー、ワンビ

f:id:UgandaBaseball2nd:20170407040418j:plain

 

Kisiki college先発1枚目。

どれだけ緊張感のあるゲームになるかは、このピッチャーがどれだけ試合を作れるかに懸っている。

 

ひょろっとした細い体で「打てなさそうだし、守れなさそう」。

だけどボールを投げる時だけは、体がしなって、ぴゅっといく。

「ピッチャーなら、いや、ピッチャー “しか” ないだろう」と、

これまたひょろっとしたヘッドコーチが好感(共感?笑)を持ち、ピッチャーに抜擢。

 

前学期の対抗戦では、初回に3点を失い心折られ、2回表のマウンドから失踪(笑)

(監督・コーチに肩を引っ張り上げられて、マウンドへ)

しかしそこからは、粘りのピッチングで、以降3回を1失点。

立ち上がりの大変さと立ち直りの大切さを学ぶ。

 

今学期に入り、ピッチングのタメ、体重移動、腕を強く振り抜くことを少しずつ身に付け、

低めに強く投げれるように成長。

そしてマウンドはおれのものだ、というプライドを匂わせ始めた。

この一戦で、一皮剥けて、チームの「エース」と呼ばれるにふさわしいピッチャーとなれるか。

低めのストレートを中心とした、ゴロを打たせる投球に期待したい。

 

 

 

1番ショート、ブルカン

f:id:UgandaBaseball2nd:20170407040633j:plain

Kisiki collegeの看板選手かつキャプテン。

走攻守、どれを取ってもチームで1番2番に食い込むセンスを持つ。

Kisiki college で一番違いのわかる男(ストライク・ボールの!)

 

前学期はじめは天性のシャイを、ふてぶてしさとして発揮。

斜に構えながらライトを守っていたが、野球の面白さを自分の中でつかみ始めると、ある時期を境にどんどんと意欲的に。

「センターをやらせてくれ」と自ら監督に直訴。それ以降、3番センターとしてチームの軸に成長。

 

今では、チームの誰よりも野球好き。(そのくらいの意欲で、勉強ももう少しだけ頑張れ!笑)

前の学期のふてぶてしさが幻であったかのように、シャイなりに満面の笑みで話しかけてきて、たまにこっちがちょっと心地がわるいくらい(笑)。

そのくらい野球にのめりこむ姿勢から、「野球の楽しさをもっと伝えたい」と一番思わせる選手で、

今学期から野球のプレーが絶えず動き続ける大事なポジション、ショートに抜擢。

 

守りも攻撃も、この選手を起点にチーム作りをしていると言って全く過言でない、チームの核。

高い出塁能力と状況判断のできる走塁、アベレージヒッターのセンスが垣間見えるセンター返しのバッティングに期待。

 

 

 

セカンドベースマン、ソロモン

f:id:UgandaBaseball2nd:20170407040456j:plain

Kisiki college 内野の砦。

守備はチーム一。尻に火がつくと、結構誰よりも頑張れるタイプ。

 

前学期のSebei-Kisikiの対抗戦の選手選考に漏れた後、燃え、

そこから練習を頑張り、居残り練習も頑張り、plus1枠でメンバー入り。

対抗戦当日は、守備で途中出場。Kisiki college史上初のセカンドフォースアウトを完成させる。

 

もともと下手ではなかったが、尻に火がつかないと頑張れない性格で、

集中力のなさ、ボールを追いかける根気のなさがずっと課題だった。

しかし、今学期から少しずつ集中力と根気強さも身についてきて、

それと一緒に、前学期の居残りゴロ捕球特訓の成果も現れはじめ、守備力が格段に向上。

最近は、ゴロ捕球の時にポケットを作る感覚を自分でなんとなくつかみ始めてきているよう。

 

「セカンドはあいつ。」と、押しも押されもせぬ Kisiki Field's pocket。

背番号14(最後の一人)から、新たに、背番号4番と「内野の砦」としての期待感を背負う今回の対抗戦で、

どんな守りをみせるか。セカンドゴロのゆくえに注目したい。

 

 

 

ほかにもリリーフエース、期待のルーキートリオなど、それぞれ個性あり、ストーリーありのメンバーたちで臨む Kisiki-Sebei 対抗戦。

Kisiki College Baseball Club(KBC)の本拠地 Kisiki Fieldで行われる一戦での選手たちの躍動と成長に大いに期待したい。

f:id:UgandaBaseball2nd:20170407040455j:plain

 

 

KBC ヘッドコーチ

久住 泰平

第二回Kisiki-Sebei交流戦に向け監督会議

みなさんはじめまして!

 

前川監督と同様、アフリカのウガンダという国で青年海外協力隊として活動しています、小野健太と申します!

 

活動任地は、ウガンダ東部の「ナムトゥンバ県」にある学校

Kisiki College, Namutumba(キシキカレッジナムトゥンバ)という中高等学校にて、理科の先生として活動しています。

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170404023732p:plain

 

そして、課外活動として昨年9月から野球部を設立し、

野球の「や」の字も知られていない環境で運営を開始。

野球だけでなく、物事に取り組む際の意識の低さなどに苦しみながらも、少しずつ活動は軌道に乗って行きました。

 

同じ時期に前川隊員も野球部を開始したことから、

学期末にあたる昨年12月に、交流戦を行いました!

 

学校側の反応はもちろん、生徒達の野球に取り組む姿勢が大きく変わるきっかけになったと思います。

当然ですが、野球は2つのチームが戦う競技。

倒すべき目標、部活動の目標ができたことは大きかったです。

 

 

そして今年。

2月から新年度が始まり、両校共進入部員を迎えること早2ヶ月。

 

練習の成果を試すべく、第二回Kisiki-Sebei交流戦の企画が始動!!

 

日時は今週末土曜日にあたる4月8日。

試合に向け、先日前川監督と監督会議を実施してきました。

 

f:id:UgandaBaseball2nd:20170404024620j:plain

ムバレ県にあるカフェにて会議。

 

お互いの部活動の様子や、選手の選出など、現状把握や意見交換なども行いました。

選手達の練習に取り組む姿勢や、部活動としての活動・運営など、日本とは異なる問題点等がドンドン出てきました。

 

本題は今度の交流戦について。

現状の選手達の知識や技術を踏まえ、今回の試合におけるルールなどを確認しました。

今回の特別ルールとして、

1、盗塁は無し。ただし、キャッチャーがパスボールをした際は、1つのみ進塁してもよい。(走塁中におけるタッチアウトは有)

2、フェンスなどが無いことから、フェアゾーンより遠くへバウンドした上で飛んで行った場合は、走者は2塁分の進塁権が得られる。

を設けました。

 

試合まであと5日、勝ち負けにしか拘らないのではなく、自分達の課題や目標などが見つかる、有意義な試合になることを願って。

両監督笑顔で握手!(^ω^)

f:id:UgandaBaseball2nd:20170404030503j:plain

カフェの店員撮影。見事にブレてました。